学校長からのメッセージ

本校は、昭和37年に大島郡准看護学院として始まり、平成10年大島看護専門学校3年課程に改め開校しました。本校の教育理念は、生命を尊び、専門職業人としての広い視野、創造性をもった科学的看護が実践できる看護師を育てることです。

周防大島は、海と空の青色に囲まれ、緑の山々の中にみかんの橙色がひときわ際立つ美しい島です。高齢化が進んだ島ですが、豊かな人間性を育み、地域医療にも貢献できる環境で学ぶことができます。学生は生き生きと勉学に励み、地域の人々との触れ合いの中で人間的にも成長しています。そして、本校の学生の特徴は素直で真面目なところです。社会人学生も目標に向かって一生懸命頑張っています。

学生寮は、性別や年齢に関係なく入寮でき設備が完備されています。実習や国家試験勉強のために一時的に入寮することもできます。専任教員の経験は豊富で、学生1人ひとりに合わせた国家試験対策を行い、学習の効果を高めるよう日々努力をしています。

令和2年度から、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、遠隔授業や、感染対策にも強化してきました。時代の変化に伴い弾力的な対応ができるよう、今年度からは電子教科書を取り入れ、ICT活用による学習を積極的に取り入れようと試みています。

山口県の周防大島という美しい自然環境の中で、素晴らしい仲間と一緒に自分のなりたい看護師に向かって頑張りましょう。

令和3年4月  学校長  山本 幸子